2017年4月5日水曜日

世界初! 写実絵画専門美術館 ホキ美術館名品展 佐賀県立美術館 感想


日本初の、写実絵画専門館
ホキ美術館(千葉)の名画がくる!



――近場なので久しぶりに
佐賀までくりだす事にしました!

「ヨーロッパの絵には勝てない
 時間をかけている」

大学時代の教授が仰っていたのですが。日本人も負けてないと、今回の展覧会で確信しました。

人物画だけだと思っていたら、風景画や植物の絵もあったので、これなら、僕でもできそうな気がしました。

時間はかかりますが、Photoshop でつくれば絵の具代は…節約する事ができます… ( ̄ー ̄キラーン

気の遠くなるほどの時間がかかりそうですが。「俺も描きたい!!」 燃えてきた。「池田学展」 は残念ながら

スケジュールの都合で行けなかったけど(涙) リニューアルしていい展覧会が増えた。先祖のルーツは

佐賀。故郷をもっと大切にせねばという思いに駆られた。1番気に入ったのは、藤原秀一さんの 『萩と猫』 でした。

「Eテレ 0655」 (NHK教育/月~金 06:55~07:00 放送) ねこのうた・犬のうた 『おれ、ねこ』 『あたし、ねこ』 の…

「あたし、ねこ」 って感じで、萌えた~♪ 猫はじっとしてくれないので、写真から絵を起こすのかな?

バンバン描きたい。ガンガン突き進むやり方を根本から見直して一本一本線と色を大事にしたいものです。

作家×猫コラボ、『ネコメンタリー 猫も、杓子(しゃくし)も。』 (Eテレ)もいいですよ~。ホキ美術館名品展では

森本草介さん 『モレーの橋』、野田弘志さん 『摩周湖・夏天』 が、お気に入りです(Writer Miyu)。




――佐賀テレビさんが来ていらしたのですが恥しくって、インタビューを丁寧に断りました (///ω///)

親戚から電話きそうで無理でした(笑) シャイな僕は、展覧会初日は避けた方がいいかも知れない、う~む。

新聞社で文字だけ載るのなら良いのですが、素顔をさらけ出すのはまだちょっと、抵抗があります。

佐賀に行くついでに、祖母の家(現在空家)と、武雄市の佐賀県立宇宙科学館へいってきました!

初めて行ったのですが、なかなか綺麗な建物。ぜひ! 九州の佐賀にも、観光にいらして下さい!

おばあちゃんの家は漫画本とスケッチブック、少しばかりの油絵がある程度なのですが一旦、なるべく

空けようと思っています。本当は補修工事したいのですが、スーパー台風が、いつ来襲してもおかしくない

時代になったので、直してもまた壊されたら目も当てられないので…放置しているのが現状です。

スタジオが順調になったら、倉庫くらいにはなりそうです。曾祖父が建てた家なので、大切にしたいけれど

耐震性ないでしょうね。やはり一旦は、解体工事を視野に入れたいものがあります。経済基盤を調えたら

しなくてはいけない事が
山積み

がんばる┗(`・ω・´)┛


【関連展覧会】


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。