2017年2月22日水曜日

日曜美術館 シーボルト 幻の日本博物館 伝えたかった日本の魅力とは 感想


『日曜美術館』
 NHK Eテレ(教育)

 毎週日曜 09:00~10:00 放送
 翌週日曜 20:00~21:00 再放送

「シーボルト 幻の日本博物館」

【司会】
 井浦新(俳優/ものづくり集団
『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』
 ディレクター)

 伊東敏恵(語り兼務)
 (NHKアナウンサー)

【出演】
 朝井まかて(作家)
 日高薫
(国立歴史民俗博物館 教授)


――ドイツ中央部のシュリュヒテルン。町の郊外に、ブランデンシュタイン城があります。

ここに数多くの日本の美術品や民族資料が、眠っていました。日本の国立歴史民俗博物館を中心とした

研究者たちは9年にわたって、資料の調査を続けてきました。城の主、ブランデンシュタインさん。

先祖はフィリップ・フランツ・フォン・シーボルト(1796―1866)。江戸時代後期、オランダ商館の

医師として来日。西洋医学を伝えたことで知られています。資料はシーボルトが集めたものでした。

実はシーボルトは、ミュンヘンの王宮庭園で日本を紹介する展覧会を開いていました。それはまさに

日本博物館と呼べるものでした。しかし、シーボルトは展覧会の会期中に死去。博物館は幻に…

残された展示品は、ドイツに埋もれる事になったのです。今回、研究者たちは、ドイツの資料を

徹底的に調査。コレクションの目録などを手がかりに日本博物館の全貌を、初めて明らかにしました。




★シーボルトというと、シーボルト事件ですね。地図が普通に手に入った訳ですから、持ち出しても

問題なかったような気もします。不名誉な話が、歴史の教科書にのり続けているのは、ちょっと

残念な事です。当時としては遥か彼方の日本まできて、医学を教える人に、もっと敬意を払ってほしい

ものです。長崎にまた、遊びに行きたい。ギリシャ展をみに、長崎県立美術館まで行きました。

すごく楽しかったのですが、日帰り弾丸ツアーでちょっと残念。九州全般、元気がないので

もっとハッピーになってほしい。仕事が一段落したら、地元ではありますが、九州観光して

もっとディープに九州に詳しくなりたい。福岡、熊本、佐賀以外、あまり回ってません (T_T)

シーボルトは日本でしたが、僕は、九州の観光地を世界にむけて、たくさん発信したいものです。

観光地のドローン撮影もいつかはしたいが万が一、落下して人様に当たりでもしたら大事なので

ちょっと難しいものがある。ちゃんとしたスタジオを構えていたら、相手にして貰えるが

個人相手だと門前払いだろう。九州の観光地を絵にしてSNS等で発信もできる、いい時代になった。

最早パソコンかスマホひとつで、世界と繋がる事ができます。明治の頃と比べて、世界は狭くなった。

僕も地球規模の芸術家に
なりたいものです(笑)

東間 陽一 Yoichi Azuma



【関連記事】
物・語(ものがたり) 近代日本の静物画 明治頃の油絵 福岡市美術館 感想

NHK 日曜美術館 文明開化の光と影 小林清親 東京名所図 感想

福岡市博物館 世界記憶遺産 山本作兵衛の世界 展覧会の感想

珠玉の名作マレーナ 洋画ラブロマンス 美しさは罪 モニカ・ベルッチ出世作 感想

ベルセルク(狂戦士)の画家 エドヴァルド・ムンク ドイツの未来を予言した「叫び」





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。