2017年2月1日水曜日

フィンランド・デザイン展 森と湖の国 ムーミンも来日! 福岡市博物館 感想


アートをこよなく愛す、東間陽一
Yoichi Azuma @SIEG2039 です。



相方の WriterMiyu を連れ、博多までやってきました! 友達から、「女の子で混んでいる」 と聞いていた

のですが、ほどよい混み具合で助かりました。満員電車くらい混むのは、ちょっとツライもんが…どれも

鉄板、Googleストリートビューで
首都ヘルシンキにバーチャルツアー。

おしゃれな街並♪ 街ゆく人々もお洒落さんばかり。路面電車も、ほのぼのしています。冬は辛そうなので

夏頃、旅行に行くといいかも知れません。調べてみると、冬場の最低気温が1番寒いところでマイナス 45度。

寒さにはめっぽう弱い九州人には住めない場所です(汗) 独立を獲得するのに大変だったようで

その苦心がうかがえます。あまり他国に支配された事がない私達日本人にはピンと来ませんが

大国に支配されるのがどれだけ大変なのかは、ちょっと経験してみないと分からないものがあります。

生まれた時から
日本が独立しているというのは
本当に幸せな事です。




週刊モーニングの漫画 『疾風の勇人』 を読んでいますが、日本がアメリカ合衆国やソ連に合併されても

おかしくない状況だったようです。ヨーロッパとソビエトに挟まれる東欧辺りは、本当に大変です。

世界がもっと平和になって欲しいのですが、まだまだ、平和な世界への道のりは長そうです…

フィンランドと言えば
『ムーミン』 作者トーベ・ヤンソン

この展覧会にも出展していました!

ぽよぽよ姿が哀愁漂う。ゆるキャラはスマートとな感じより、丸みを帯びていた方が、人気なような気が^^

くまモン、アンパンマン、ミッキーマウス。すべて、円や曲線が基本ラインとなっています。百年愛される

キャラクターは円が基本です。そう思うと、全てのフィンランド・デザインは、円や曲線美で占められている

ような気もします。キャラクターデザインをするかどうかは分かりませんが、極力丸みを帯びたデザインにしたいな~。

東間 陽一 Yoichi Azuma



【関連記事】
宗像・沖ノ島と大和朝廷展 神宿る島、世界遺産登録へ 九州国立博物館 感想

篠山紀信展 写真力 THE PEOPLE by KISHIN 福岡アジア美術館 感想



【関連展覧会】
「フィンランド独立100周年記念
 フィンランド・デザイン展
 100th Anniversary
 of Finland's Independence
 Finnish Design 2017.」




0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。