2016年6月28日火曜日

天神洋画劇場 伊藤隆介の「フィルム・スタディーズ」 三菱地所アルティアム 感想


月イチ博多のイベントで
とりあえず行ってみようと思い…

行ってみました!
模型にCCDカメラをセットして

それをスクリーンで投影していました。フィルムを流しているだけと思っていたのですが、モーターで模型が

動いていたので楽しかったですね。長々とシーンを使わないのなら、手で動かした方がリアリティ出るかも。

いつか3Dプリンタ買って
出力した模型で
色々と撮影してみたいな^^

3Dソフトだけで作るのなら、3Dソフトの中だけで動かした方がてっとり早いのですが、8ミリフィルムで撮影した場合

かなりいい味が出そうです。しかし、ビデオで撮影して映す場合の3Dプリンタで作る場合は、かなり上位機種でないと綺麗にならないでしょう。

上位機種の3Dプリンタ…百万円位。うーん、採算取れず。余裕がないので、当分無理かな~^^;

映画と模型セットの組み合わせは古く、あの名作映画 『風と共に去りぬ』 でも背景セットに使われたそうです。

ハリウッドでは、よく模型セットが使われていたのですが、『ジュラシック・パーク』 以降はCGばかり使われているそうです。

アナログに見えて実は、バリバリのデジタルを使う手法が、今後のクリエイターには求められそうです。

2000年代、CGは珍しかったが、もうそろそろ皆、CG盛りの映画にあきあきし始めている様な空気を感じる。

CG好きで、もっと沢山作りたいと思って、「どうせCGだろ」 と言われると、傷つくものがあります (T_T)

参考にしたいと思っているのが、70年代、80年代に作られた 「人形アニメ」。人形を作り、チマチマ動かすのは

手間がかかるので、アナログに作った風にみえて実は、CGで作ったものを試作してみたいと、今回の展覧会を鑑賞してつくづく思いました。

テーマが
少しずつ見えて来た。

やはり
ギャラリーやミュージアムに
足繁く通い続けたい。

東間 陽一 Yoichi Azuma



【関連展覧会】

天神洋画劇場
 伊藤隆介の
「フィルム・スタディーズ」
2016年6/4(土)~7/3(日)

福岡市中央区天神1-7-11
イムズ8F
アートギャラリー
三菱地所アルティアム





僕もバックナンバー持ってる
映像作家100人 シリーズ最新版!
2015年で10年目だそうです。





【関連記事】
ピカソ展 ルートヴィヒ・コレクション ポートレート他、約120点 佐賀県立美術館 感想

ウィーン美術史美術館所蔵 風景画の誕生 憧れのボスも! 石橋美術館 感想

色彩の奇跡 印象派展 ドイツ印象派も来日! 福岡県立美術館 感想

特別展 始皇帝と大兵馬俑 九州国立博物館 皇帝の夢を目撃せよ。 感想

デュッセルドルフ美術館所蔵 アール・ヌーヴォーのガラス 福岡市博物館 感想

九州国立博物館 黄金のアフガニスタン ゼウス神像左足断片 感想


0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。