2016年5月4日水曜日

日曜美術館 写狂老人 '時' 記 写真家 荒木経惟75歳の日々 アラーキー 感想


『日曜美術館』
 NHK Eテレ(教育)

 毎週日曜 09:00~10:00 放送
 翌週日曜 20:00~21:00 再放送

「写狂老人 '時' 記
~写真家 荒木経惟75歳の日々~」

 2015年11月22日 放送
 2015年11月29日よる 再放送

【司会】
 井浦新(俳優/ものづくり集団
『ELNEST CREATIVE ACTIVITY』
 ディレクター)

 伊東敏恵(語り兼務)
 (NHKアナウンサー)

【出演】
 糸井重里
(「ほぼ日刊イトイ新聞」 主宰)
 水原希子(モデル、女優)
 ほか


――10月のある日
東京・南青山のギャラリー。

井浦 新
「いらっしゃいました」

荒木 経惟
「サンキュー! わざわざ…」

井浦 新
「こんにちは。失礼します」

荒木 経惟
「いやいや、久し振りっつうか
 10年振りぐらいじゃないか?」

井浦 新
「そうですね、10年振り。
 ダ・ヴィンチの…」

荒木 経惟
「これこれ。どう?」

井浦 新
「当時僕、30歳で、とにかくこの日、撮影にいくの緊張していて、いや~…もう何もない自分を

荒木さんに撮って貰うって
どうしていいか分かんなくて」

荒木 経惟
「そう、アタシはこの時期には、すごく澄んだやつだなと思いながらさ、撮ってたけどね。

透明感があったよね。
今はどうだか分かんないけど(笑)」

――われらが司会者・井浦新さんが恐縮しきりの、この人物。天才写真家アラーキーこと荒木経惟さん。

世界的に活躍する巨匠です。
荒木さんといえば女、女のエロス。

荒木 経惟
「グー! そうそうそう、OK。偶像になっちゃうとダメなんだ。はい、いきましょう。よし」


★ 荒木経惟さんの写真展をみた事があります。う~ん、どしても○○○をしている最中の写真にしか

見えないものもあって、いたいけな学生が見ても大丈夫なのか、ハラハラしました (-_-;)

Hなものがインターネットに溢れ、実につまらない時代になったものです。ペアレントソフトで処理

していなければ、あ~んな写真やこ~んな映像も指タッチ1つで見れてしまう、情緒も味気もない時代。

苦労しないと見れなかった時代が、懐かしいものです。「Hな風がいきまーす!」 荒木さんの名言

(迷言?)が、しばらく頭の中から離れませんでした(笑) 僕もいつかはエ○じじいと罵られたい

ものです。荒木経惟さんの本が1冊はほしいのだが、高価で中々、手が出せない。いいカメラが

ほしいけど、お金の捻出が難しい状態なので、手が出ません。Youtube に動画を出すと小銭が手に入る

ようなので、お金をかけるなら4Kビデオカメラ。震災で熊本はかなり傷ついてしまいましたが

自然は美しいままなので、いつかは、森林の美しい動画をたくさん撮影して、世界に向けて

「熊本は元気です」
 と伝えたいです。

東間 陽一 Yoichi Azuma



【関連記事】
岩合光昭写真展 ねこ歩き 世界の猫達が集結! 熊本県立美術館 感想

NHK 日曜美術館 沖縄へのラブレター 写真家・東松照明 森山大道 感想

NHK 日曜美術館 写真する幸せ 植田正治・UEDA-CHOの秘密 番組感想





0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。